ウィンゾーンプロテイン ホエイの効能・成分【効果・ 口コミ・評判・最安値まとめ】

ウィンゾーンプロテイン ホエイは日本新薬で製造されているサプリメントです。

いまや、プロテインはトレーニングする人に欠かせないサプリメントと言えます。

しかし、一口にプロテインと言っても、種類によって成分は様々です。

ウィンゾーンプロテイン ホエイの他にはない強みとは何か、紹介していきます。

ウィンゾーンプロテイン ホエイに入っている成分を解説!

ウィンゾーンプロテイン ホエイの 栄養成分は以下の通りです。

エネルギー 112kcal ビタミンB1 0.45mg
たんぱく質 20.9g ビタミンB2 0.61mg
脂質 1.8g ビタミンB6 0.55mg
炭水化物 3.0g ビタミンB12 2.56mg
食塩相当量 0.24g ビタミンC 37.8mg
1.1mg ビタミンD 2.0ug
マグネシウム 42.1mg ビタミンE 2.46mg
カルシウム 251mg ナイアシン 5.59mg
ビタミンA 308ug パントテン酸 1.6mg
葉酸 129ug

※1回分(29g)あたり

プロテインというと、たんぱく質を取ることが主な目的ですが、ウィンゾーンのプロテインにはビタミン、ミネラルも含まれています。

たんぱく質は、それ単体で取るよりも他の栄養素と一緒に取ることでより効果が発揮されます。

まず、ミネラルについてご説明します。

ミネラル

ウィンゾーンプロテイン ホエイには鉄、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが入っています。

カルシウムは骨を強くしますが、 それ以外にも役割があります。

カルシウム、マグネシウムは筋肉の神経伝達物質としても使われており、筋肉を動かす時に使われます。

筋肉に力を入れる時はカルシウムが、脱力する時はマグネシウムが使われます。

トレーニングや運動で、筋肉が痙攣するのは、脱力するマグネシウムが不足したために起こる症状です。

追い込むことも重要ですが、疲労した筋肉にはしっかり栄養を送って成長の手助けをする必要があるのです。

また、ビタミンもそれぞれ重要な役割があります。

特にビタミンB群は3大栄養をエネルギーとして利用するために使われるので重要です。

ビタミンB群が不足するとバテしまったり、ビタミンCが不足すると口内炎ができたり風邪をひきやすくなります。

運動をする人ほどビタミンやミネラルも消費します。

そのため運動後の栄養補給にはビタミンやミネラルも重要なのです。

日頃の食事でビタミンやミネラルを摂ることも大事ですが、ビタミンは一度にたくさん摂りすぎると吸収しきれず尿で排出されてしまいます。

プロテインに含まれるビタミンの量は程よい量に調整されているため効率よく吸収されます。

インフォームドチョイスを取得した高品質のプロテイン

また、ウィンゾーンプロテイン ホエイはインフォームドチョイスを取得した高品質のプロテインです。

最近は、アスリートが知らない内にドーピング成分を摂っており、いきなり失格になってしまうアクシデントが起こっています。

プロテインも、原材料は牛乳などの乳製品ですが、加工する過程で添加する物質に禁止成分を入れている場合があります。

こういった事態を防ぐためにインフォームドチョイスの制度があり、ドーピング禁止成分が含まれていないサプリメントに認証が与えられます。

インフォームドチョイスを受けるには品質も安定している必要があるので、その点でもプロテイン ホエイは安心です。

ウィンゾーンプロテイン ホエイで改善されるパフォーマンスとは

ウィンゾーンプロテイン ホエイは筋肉をはじめとする、体の成長に必要な栄養を多く含んだサプリメントです。

パフォーマンスの向上に関して即効性を求めるのは難しいですが、日頃のトレーニングで疲れた体のリカバリーには効果を期待できます。

スポーツをしている方の中には、これだけ練習しているのになかなか筋肉が成長しない、と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった場合は、栄養バランスに課題がある可能性があります。

筋肉の素材となるたんぱく質は多く必要ですし、たんぱく質を筋肉に加工するにはビタミン、ミネラルも重要です。

食生活を改善することが一番の解決法ですが、トレーニングで疲れきった体で自炊をするのは面倒ですし、栄養に配慮した献立を作るのは手間がかかります。

また、たんぱく質を多く取れる料理を取るのもいいですが、肉をおいしく食べようとすると、コッテリとした高カロリーの料理になってしまいがちです。

筋肉が付く以上に余分な脂肪がついてしまっては元も子もありません。

プロテイン ホエイは筋肉の修復に必要な栄養を含んでいるので、食事を考える負担を減らしてくれます。

カロリーも1回あたり112kcalなので、普段の食事に加えて飲む程度なら太るリスクも少ないです。

ウィンゾーンプロテイン ホエイの口コミ・評判

ウィンゾーンプロテイン ホエイの使用感はどうでしょうか。

  • シェイカーで溶けやすく飲みやすい。
  • チョコ味がしつこくなくてトレーニング後も飲める。
  • 飲みやすいからしっかり飲めて筋肉がついた。
  • リカバリーが早くなった。
  • プロテイン以外の成分も入っているのに安くて良い。

プロテインは習慣的に飲み続ける後で効果があるため、飲みやすく、リーズナブルな点が評価されているようです。

不満点としては、

  • 袋の開け閉めで粉が舞ってしまう。
  • マグネシウムの成分が体に合わずお腹を下した。

という声があります。

粉が舞ってしまうのは、プロテインを溶けやすくするために細かい粉末にしているためのようです。

気になる方は蓋のついた容器に移し替えるといいかもしれません。

マグネシウムの含有量は42.9mgで、成人男性の推奨摂取量の15%ほどです。

通常の量を取る限りではお腹を下すリスクはありませんが、腸が過敏な方は1回の摂取量を半分にするなどの調整をしましょう。

購入できるサイトは、日本新薬の公式通販と、Amazon、楽天ショッピングです。

公式通販(1袋購入時) ¥2,980(別途送料¥648)
公式通販(3kgまとめ買い) ¥8,940(送料無料)
Amazon(1袋購入時) ¥3,350
楽天ショッピング(1袋購入時) ¥2,980(別途送料¥648)

プロテインを飲むのが始めての方はAmazonで買うのがオススメです。

ただ、プロテインを飲むことが習慣になっていて、1日に複数回飲む方は3袋まとめて買える公式通販がよいでしょう。

効果が得られない人は何が悪い?

プロテインを飲む時に気を付けるポイントは、食事と総合的に栄養を管理することと、飲むタイミングです。

プロテインは非常に栄養価が高いですが、あくまでも栄養補助食品です。

カロリーは少ないですし、ミネラルやビタミンも一日の推奨摂取量ほどは入っていません。

通常の食事では十分に摂れない栄養を補完するためのものであることを忘れないようにしましょう。

トレーニングで筋肉を増やしたい場合、体重×2gのたんぱく質を取ることが望ましいです。

例えば体重が60kgの男性の場合は、1日に120gのたんぱく質を取ることで筋肉が成長するだけの栄養が取れることになります。

ですが、120gのたんぱく質を食事で取るには1日におよそ600gの肉を食べる必要があります。

食が細い人にはキツイでしょうし、仕事をしている方は昼食で栄養に配慮した食事を取ることが厳しい場合もあるでしょう。

そういった場合に、プロテインでたんぱく質を補ってあげることで筋肉が成長します。

同様の理由で、トレーニングしない日もプロテインを飲む方がよいでしょう。

筋肉はトレーニングしてから2、3日かけて回復し、強くなります。

運動した日のプロテイン摂取は大事ですが、その後も栄養を受け取りながら少しずつ大きくなっているのです。

十分にたんぱく質を摂らないと、脳は筋肉を付けるための栄養がないと判断し、以前と同じ程度のボリュームまでしか回復しません。

筋肉を大きくするためには、運動、栄養、休息の3つをしっかり管理するようにしましょう。

まとめ

プロテインというと、昔はボディビルのようなムキムキになりたい人が飲むものというイメージがありました。

ですが、今ではちょっとスリムになりたい、運動できる体になりたい方も使える身近なサプリメントになっています。

プロテイン ホエイは、たんぱく質に加えミネラルやビタミンも含まれているため、健康面にもいいプロテインです。

体作りを考えている方は、トレーニングと組み合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

投稿日:

Copyright© ハジトラ , 2018 AllRights Reserved.