ジョイント ガーディアンの効能・成分【効果なし? 口コミ・評判・最安値まとめ】

ジョイント ガーディアンは。関節を修復する成分が配合されたジョイントケアサプリメントです。

日本新薬からは、様々な種類のサプリメントが販売されていますが、このサプリメントは他とは異なり関節に効き目があるサプリメントです。

今回は、関節の重要性について触れつつ、ジョイント・ガーディアンの紹介をさせていただきます。

ジョイント ガーディアンに入っている成分を解説!

ジョイント ガーディアンの成分は、以下の通りです。

エネルギー 0.69kcal 非変性Ⅱ型コラーゲン 10mg
たんぱく質 0.02g ヒアルロン酸 0.45mg
脂質 0.004g プロテオグリカン 0.05mg
炭水化物 0.2g
食塩相当量 0.0023g

※1日分(1錠)あたり

ジョイント ガーディアンには関節の素材となる栄養が含まれています。

成分表の右側にある3つの成分は、関節の形成を助ける栄養です。

非変性Ⅱ型コラーゲン

まず、非変性Ⅱ型コラーゲンは、軟骨の構成する材料として重要な成分です。

関節によい成分というと、コラーゲンのことを想像する方も多いかと思います。

確かにコラーゲンは、関節を構成する重要な栄養なのです。

しかし、コラーゲンを摂取するに当たっては、2つ気を付けるポイントがあります。

まず1つ目に、コラーゲンサプリメントは、加工の仕方で非変性と変性の2種類に分かれます。

コラーゲンは、原料からコラーゲンを抽出する過程で熱を加えた場合、成分が変質します。

料理で肉を煮込むと冷めた煮汁が煮こごりになってプルプルになるのを想像すると分かりやすいかと思います。

このように熱を加えて変質したコラーゲンを「変性コラーゲン」といいます。

変性コラーゲンは、体内で熱によって成分構造が変わってしまいます。

結果、変性コラーゲンは、人体でたんぱく質として扱われ、大部分がアミノ酸に分解されてしまいます。

そのため、変性コラーゲンを摂っても関節ケアの効果は薄いのです。

これに対し「非変性コラーゲン」は、熱を使わずに成分を抽出しています。

体を構成する成分構造を保ったままの非変性コラーゲンは、体内に入った時もコラーゲンとして吸収されます。

そのため、コラーゲンの中でも非変性コラーゲンの方が関節への吸収効率が良いのです。

2つ目は、コラーゲンには、Ⅰ型とⅡ型の2種類があり、それぞれ役目が違うということです。

コラーゲンは、人体の様々な部位の形成に使われます。

髪や皮膚、内臓、腱などは、主にⅠ型コラーゲンで作られます。

これに対しⅡ型コラーゲンは、主に軟骨の材料になります。

そのため、関節のケアを考えた場合に最適なコラーゲンは、「非変性Ⅱ型コラーゲン」となります。

ヒアルロン酸とプロテオグリカン

また、ヒアルロン酸とプロテオグリカンも関節を構成する成分です。

軟骨は、水分(60~80%)、Ⅱ型コラーゲン(15~20%)、プロテオグリカン(3~5%)で構成されています。

プロテオグリカンやヒアルロン酸は、軟骨の柔軟性を保つクッション機能があります。

これらの成分は、食品の中にも存在しますが、日常での摂取は困難です。

例えば、コラーゲンを含む手羽先などの肉は調理で加熱しなければ食べられません。

プロテオグリカンは、鮭の鼻先にある成分ですが、切り身などの他の部位には全く含まれていません。

そのため、非変性Ⅱ型コラーゲンやプロテオグリカンを摂るならば、サプリメントが推奨されています。

ジョイント ガーディアンで改善されるパフォーマンスとは

ジョイント ガーディアンによる関節のケアは、故障しない体作りに役立ちます。

また、加齢による関節症の改善にも効果が見込めます。

運動で負荷がかかるのは、筋肉だけではありません。

運動の時、いくつもの関節がクッションとして働いて運動の衝撃を和らげています。

走る場合は、つま先、足首、ヒザ、股関節が分担して衝撃を受け止めていいます。

また、関節は、一度痛めてしまうと筋肉に比べて治るのに時間がかかります。

筋肉は、内側に血管が通っているため栄養が常に行き渡る仕組みになっています。

そのため、運動して疲れたとしても数日休めば回復します。

しかし、軟骨などの関節には、血管が通っていません。

関節の周りには、関節液が流れており、血管からの栄養は関節液を通して軟骨へ届けられます。

このように、筋肉と比べて栄養が届くまでに時間がかかるため一度痛めると治るまで時間がかかるのです。

特に、体が疲労してくると力が入らない筋肉をかばって関節を使って動きます。

下り道で足を伸ばしぎみに下る時や走っている状態からとっさにブレーキを掛ける時は、大きな負荷がかかります。

体重の3~8倍の負荷が関節にかかると言われています。

運動中には、アドレナリンが出て気付かず、翌日になって痛みが出るというケースもあります。

また、人体は、たんぱく質を素材にコラーゲンを作る能力がありますが、年齢を重ねるとコラーゲン合成能力は衰えてしまいます。

コラーゲン合成能力は、20歳頃をピークに40歳では20%、50歳で50%も減ってしまいます。

プロアスリートも関節の故障をキッカケに引退する話を多く聞きます。

年を取っても運動すると筋肉は成長し続けられますが、関節は年齢の影響を受けやすいのです。

筋肉は、食べた物から様々な栄養素を取り込んで成長できますが、軟骨はごく一部の栄養素でしか構成されていません。

なので、コラーゲンを合成しなくても利用できる非変性Ⅱ型コラーゲンは効果が高いのです。

また、関節は、適切な運動と栄養によって強くなることが分かっています。

ジョイント ガーディアンでしっかりと関節に栄養を与えることでハードな運動に負けない関節を作ることができるでしょう。

ジョイント ガーディアンの口コミ・評判

ジョイント ガーディアンを使用した人の感想は、

  • たまに出てくるヒザの痛みがなくなった。
  • 飲んでからしばらくして、気付いたら登り降りが楽になっていた。
  • ヒザがパキパキ鳴る回数が減った。

と、ヒザ関節が良くなる効果を感じる声があります。

一方、効果を感じられなかった人もいます。

  • 飲んでも痛みが良くならない。
  • 1回たったの1粒では、効果が薄いと感じる。

といった意見もあります。

通販サイトごとの価格は下記のとおりです。

通販サイト コースと価格
公式通販 通常価格   4,980円
定期購入  3,980円
Amazon 通常価格  4,980円
定期お得便  4,482円

1袋(31日分)あたり

Amazonで購入したとしても、定期お得便の割引(10%)しか下がりません。

しかし公式サイトで定期購入をすれば毎回1,000円も安く買えます!

サプリメントは医薬品ではないので、飲み続けないと効果を実感することができません。

よって、まずは2ヶ月間毎日忘れることなく試すことをおすすめいたします。

効果が得られない人は何が悪い?

ジョイント ガーディアンを摂った場合でも効果を実感するまでには時間がかかります。

先ほども書いた通り、関節は、栄養の取り込み、修復に時間のかかる器官なのです。

人によって関節の状態は様々ですが、3~4か月程度の期間使用し続けることで違いが表れるでしょう。

1日に2錠飲んだとしても関節が吸収できるコラーゲンの量が増えることはありません。

毎日1錠欠かさず飲むだけで十分です。

また、ジョイント ガーディアンは、栄養補助食品であり医薬品ではありません。

重度の関節症や捻挫などを患った場合は、病院で処置を受け安静に過ごしましょう。

まとめ

ジョイント ガーディアンは、非変性Ⅱ型コラーゲンやプロテオグリカンを含んだサプリメントです。

運動で消耗するのは、筋肉だけではありません。

日頃の練習で関節が痛む方、年を経て足腰が痛む方は、ジョイント ガーディアンを試してみましょう。

投稿日:

Copyright© ハジトラ , 2018 AllRights Reserved.