【オリゴノール配合】ツカレナインの効能・成分【効果なし? 口コミ・評判・最安値まとめ】

ツカレナインはオリゴノール配合の持久力向上サプリメントです。

オリゴノールというと聞き覚えがないかもしれませんが、ポリフェノールは多くの人に馴染みのある言葉でしょう。

オリゴノールはポリフェノールの一種です。

今回はオリゴノールの説明を主軸にツカレナインの効果を紹介していこうと思います。

ツカレナインに入っている成分を解説!

ツカレナインは1回分(5錠)あたりオリゴノールが100mg含まれています。

エネルギー 5.76kcal
たんぱく質 0.02g
脂質 0.03g
炭水化物 1.36g
食塩相当量 0.0011g
オリゴノール 100mg

※1回分(5錠)あたり

また、 ビタミンB1、ビタミンB6、ミネラルも含まれています。

オリゴノールという成分はポリフェノールを低分子化したものです。

ポリフェノールは植物の皮に多く存在する「渋み」成分です。

植物の皮には外界から身を守るために、 ポリフェノールがたくさん含まれています。

人がポリフェノールを摂取した場合、抗酸化作用を期待することができると言われています。

しかし、最近の研究の結果、ポリフェノールは人体に吸収されにくいという弱点があり、摂取したうち数%しか吸収されないという事実が判明しました。

ポリフェノールの効果を謳った食品、ワイン、コーヒー、 チョコレートなどは、実際には効き目が出にくいのです。

オリゴノールはライチ由来のポリフェノールですが、ポリフェノールに比べ3~4倍の吸収効率になっています。

この点は、タンパク質を分解して吸収しやすくしたアミノ酸と同じ仕組みといえるでしょう。

低分子化により、オリゴノールは抗酸化作用が働きやすくなっています。

抗酸化作用とは人の体の疲労物質である活性酸素を除去する効果のことを言います。

活性酸素自体は場合によって体内の病原菌を殺したりするなど免疫機能として働きます。

しかし、過剰に増えた場合は疲労感や気力の低下などの悪影響が出ます。

特に運動をすると、多くの酸素が消費され、活性酸素が増えます。

消費された酸素の内、二酸化炭素はすぐに呼吸で外に出されますが、活性酸素は人体の中で役割があるためすぐには排出されません。

運動が続き、体の中に活性酸素が蓄積しすぎると、酸化して人体の活力を低下させてしまいます。

運動での息切れ、力が出ない、疲れが溜まってしまう原因の一つは活性酸素によるものなのです。

また、加齢によって活性酸素を排出する能力も低下します。

老化で蓄積した活性酸素は、肌にはシミやシワという形で、病気では糖尿病、動脈硬化などといった形で現れます。

オリゴノールは加齢で衰えた回復力をカバーしてくれるので、アンチエイジングにも役立つでしょう。

ツカレナインで改善されるパフォーマンスとは

ツカレナインを摂ることにより、持久力の向上、集中力アップ、疲労回復、脂肪燃焼の効果が期待できます。

実は、活性酸素は様々なシチュエーションで発生します。

運動はもちろん、陽の光を浴びる、喫煙、脂っこいものを食べた時、ストレスを感じた時も発生します。

筋肉が疲れていなくても、精神的疲労で頭がボーっとしたり、やる気が出ないと言う時は、 活性酸素が関係しています。

オリゴノールで活性酸素を減らせれば、練習だけでなく、日常生活でも疲れにくい体になれます。

運動をすっきりした気持ちで楽しみたい人にも有効といえるでしょう。

また、オリゴノールはダイエットにも効果があることが分かっています。

オリゴノールは手や足などの末梢血の血行を改善する効果があり、エネルギーが効率よく使われることで脂肪燃焼を促進するのです。

脂肪をエネルギーとして燃やしやすくすることは、運動時のスタミナ向上にも繋がるので一石二鳥です。

さらに、クエン酸を飲み物などで摂取することで、さらに疲れにくい体になります。

持久力を付けるには練習も重要ですが、頑張れる体作りの一環としてツカレナインの使用は有効かもしれません。

ツカレナインの口コミ・評判

ツカレナインを使用した感想は、下記のとおりです。

  • 競技前に飲むこと1ヶ月、翌日に疲れを持ち越さなくなった
  • 飲んでから1週間ほどで、体も気持ちも軽くなった。
  • 競技の後半も自転車を漕ぐ足に力が入るようになった
  • 練習の疲れが抜けやすくなり、しっかり練習できるようになった。
  • 立ち仕事で張っていたふくらはぎの疲れが良くなった。
  • 仕事と育児で大変だったけど楽になった。

ロードバイク、トライアスロン、マラソンなどの持久系スポーツのアスリートが多く使用して効果を感じているようです。

また、スポーツ以外の場面で疲れにくくなっている人もいます。

一方で、効果を感じられなかった人の声もありました。

  • 飲んで練習したけど翌日の疲れは変わらずしんどかった
  • タブレット型なので、運動中に水なしだと飲みづらい。
  • 競技中も特に変わったことはなく、効果を感じない。
  • 値段が高く、続ける気にならない。

と、飲んでもパフォーマンスが向上しなかったケースもあるようです。

次に、コストパフォーマンスについての批判を考えてみましょう。

販売は公式通販のみになります。

購入プラン 1回分の価格
定期購入初回 ¥980
定期購入2回目以降 ¥4,960(2ケース分)
通常価格 ¥7,960(2ケース分)

定期購入プランでは、初回1ケースを980円で購入できます。

定期購入では2回目以降2ケース届きますが、こちらの価格は単品で2ケース買う場合よりも3,000円安いです!

また、お届けサイクルを変更することもできるのでシーズン中は毎月届けてもらって、シーズンが終わったら間隔を開けるといったことも可能です。

効果が得られない人は何が悪い?

ツカレナインは日常的に飲んである程度の期間が経たないと効果を実感できない可能性があります。

先ほど書いた通り、活性酸素は様々なシチュエーションで発生します。

人によっては生活や仕事でストレスが溜まっているでしょうし、外で長時間過ごす人は日光を浴びることで活性酸素が蓄積していることでしょう。

その場合、ツカレナインの効果はパフォーマンス改善以外に作用する可能性があります。

日頃のストレスなど、別の疲労の回復に使われるのです。

その結果、運動の前に飲んでもあまり体の疲労感は変わらなかった・・・となるのです。

ツカレナインで効果を感じる人の多くも、飲み始めて1週間以上経ってからの人が多いです。

効果がないと感じる方は運動をしていない日も継続してツカレナインを飲んでみましょう。

普段の生活で楽になったことはないか考えてみると、意外なところに効果を感じられるはずです。

ただし、ツカレナインの一箱あたりの容量は9日分(45錠)と他のサプリメントに比べ容量が少なめです。

慢性的に疲労が溜まっている人は効果を実感する前に使い切ってしまうことが考えられます。

できれば早い段階から効果を見極めたい方も多くいらっしゃるでしょう。

その場合、他の活性酸素を減らす栄養素を摂ることでツカレナインの効果を高めることが有効です。

ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10は活性酸素を除去する働きを持っています。

これらの栄養を摂ることで相乗効果が発生し、早く効き目が出ることでしょう。

まとめ

以上、ツカレナインについてお話させていただきました。

有効成分のオリゴノールは活性酸素を減らし、疲労の回復してくれます。

サプリメントの中では割高な部類に入りますが、スポーツに限らず、幅広い疲労に効果があります。

仕事と競技、どちらで疲れが溜まっていても効き目がある商品です。

投稿日:

Copyright© ハジトラ , 2018 AllRights Reserved.